×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  • HOME

ファスティングダイエットの回復食の取り方について

実はファスティングダイエットのデメリットとしてリバウンドしやすいということがあります。

ファスティング(断食)が終われば、通常の食事になりますが、その安堵感や数日間の空腹感からのストレスから解放されたことで、つい食べ過ぎてしまうこともあります。

するとダイエットを行う前よりも太ってしまったり、体調不良を引き起こしてしまったりすることもあります。

ですので、ファスティングダイエット後は、少しずつ、通常の食事にしていくということが大切になります。

この食事のことを復食と言います。

回復食にはポイントがあります。それは3日間の回復期を得ることです。

例えばファスティングダイエットを3日間行ったのならば3日間は同様に通常の食事は控えることです。

3日間の回復期には、おかゆやスープのような消化に良い物を口にします。

通常の食事や食事量ですと、胃に大きな負担となります。体に悪影響を及ぼす可能性もありますので、固形物やたくさんの量を食べないようにします。

次第に食事量を増やしていくということが大切なポイントです。

関連記事

ファスティングのやり方

ファスティングでの注意点